たそがれ競馬

 朝から一日夢を見て  夕日に向かってとぼとぼと        

2010年07月

函館記念(GⅢ)

函館9R_第46回_函館記念(GⅢ)_芝2000m_出走16頭(晴・良)
着順馬番馬 名騎手人気OZZ購入前評判
16マイネルスターリーホワイト25.7 ・巴賞組
・4・5・6才・3・4・5枠
212ジャミール安藤勝15.2 
38ドリームサンデー池添58.5 払戻
411エアジパング横山典1122.6 馬 連15.4倍
516フィールドベアー秋山36.1 馬 単31.9倍
63マンハッタンスカイ武幸612.2 3連複40.8倍
1313エリモハリアー酒井1694.7 3連単203.5倍

・今回は旅行で購入できませんでした。携帯が電池切れ。
・だけど最近の携帯はすごいです。上海で勝手に現地時間になっているし
 日本からの着信もありました。履歴を見ていてためし発信してみたら国際電話になる感じでした。
 もちろんメールで済ましましたけど。
・使えないと思ってズーッとマナーでリュックに入れていました。使えると分かって夜にメールしまくり
 逆にそれで電池切れになってしまったのかも。

・競馬ですが前評判通りでしたね。まさにそのままでビックリしました。
・函館記念と言えばエリモハリアー。だけどさすがに年齢なのか最下位人気でした。
・もう一頭の函館得意のマンハッタンスカイも掲示板に乗りませんでしたね。
 この馬は買っていたと思います。

上海万博見学ツアー4日間(4日目)

・7月25日(日)
 今日は帰るだけだ。上海9:30発・関西空港12:30着だ。時差があるので3時間になっている。
 5時半に起きて6時半にホテル出発。朝食はホテルの弁当(サンドとビスケット)。
 バスの中で食べた。リニアモーターカーで無いので空港まで1時間半も掛かる。
DSC00201・空港の向こう側は何も無かった。あまりに広いので写真を撮った。

・220元を土産で使い切った。小銭の6角が残っただけで
 お金はうまく使った感じ。

・飛行機の中ですぐに昼食。ちょっときつかった。

・一寝入りしたらもう関空だ。
・上海旅行もあっけなく終わり。あーっ好い脱力感。
 女性陣も始めての海外旅行で納得してくれたようだ。
 それが私にはいちばんうれしい。

上海万博見学ツアー4日間(3日目)

・7月24日(土)
 今日は上海市内の観光だ。朝はバイキング。日本のホテルとそう変わらない。
 小さな肉まんがあった。しかし中身はほうれん草みたいな草饅頭だった。
 中国らしいのはこれくらいかな。そうそうおかゆがあったが食べなかった。
 ホテルは大阪で言うと千里中央にある感じだ。市内まで少し時間が掛かる。
 上海観光と言うが、実は買い物をするための観光であった。

・最初は魯迅公園と魯迅記念館。ほんとうに老人公園だった。

CIMG0257
入り口前の
EXPO記念植木

CIMG0263
入り口

CIMG0258
公園内

CIMG0260
魯迅記念館

・記念館の中では高級な椅子とか
 雑貨・碁盤・筆・すずり等が販売されていた。
・ちょっと品物が良すぎて手が出ません。
・目の保養には良いです。
・小さい石の細工の携帯ストラップを土産用に購入。

・次はお茶屋さん。英国居留区のビル群のなかにある。向こう岸はテレビ塔だ。

CIMG0285
外灘ビル群

CIMG0280
向う岸のテレビ塔

CIMG0286
お茶屋さんのビル

CIMG0267
玄関

CIMG0290
茶壷のフロント

CIMG0288
店内

CIMG0287
お茶道具

CIMG0268
かわいい子

CIMG0270
お湯で色が変わるカエル

CIMG0269
道具のアップ

CIMG0275
リクエストするお茶

CIMG0276
少しづつ入れてくれる

・兼六園で飲んだ煎茶ほどの驚きは無かった。どうも紅茶が主流だ。
・最後に手もみ風の一枚茶葉のお茶を入れてくれた。これはうまかった。
 50g150元の缶を買ってしまった。一日一枚で一年はあるだろう。

・昼は飲茶料理。しかし春巻きと焼き餃子。
 あとはいつもの炒め物が並ぶばかり。たいして変わりなし。
 王将の方が新鮮でうまい。

・その後、豫園(ジョエン)と豫園商場へ。なんか偉い人の家が公園になっているみたいだ。
 すごいのはそこへ行くまでの市場。ここもすごい人だ。
・麻雀牌を見ようとしたが落ち着けなかった。

CIMG0293
豫園への市場

CIMG0294
豫園

CIMG0296

CIMG0297

CIMG0302

CIMG0305

CIMG0311

CIMG0319
商場

CIMG0320

・次はテレビ塔だ。
 だけど、ここも行列。上へ登るのに2時間、帰るのに2時間のエレベータ待ちだと言う。
・協議の結果、急遽、上海博物館に行き先変更。

CIMG0321
川の下のトンネル

CIMG0323
森ビル

CIMG0324
テレビ塔

CIMG0329
CIMG0328

CIMG0342
外人専用橋

CIMG0343
また戻る

CIMG0348
博物館

CIMG0356
藍が濃い

CIMG0350
上から一階を撮る

CIMG0349
一階から上を撮る

CIMG0360
おもしろいので載せとく

・家具のところと陶磁器の所が良かった。そうそう書画も良かったです。
 時間が足りませんでした。

・夕食は海鮮料理だと言う。しかし、出たのは魚のから揚げにあんかけが掛かったものだけ。
 まあうまかったけど。あとはいつもの野菜や肉類の炒め物。そうだ海老の炒めものも海鮮か。
・隣の現地の人が自由に頼んでいるものがすごくうまそうだった。
 さしみかピンクのうすつくりが氷のうえに並べられたものや、
 山盛りのしゃこの蒸したもの。あっちが食べたかった。

CIMG0367

・夜のオプションで上海雑技団を見に行った。これはすごかった。
 ちょっと小さい女の子の片腕バランスは恐くて見れなかった。

CIMG0372
オープニング

CIMG0375
獅子舞

CIMG0378
棒とび

CIMG0379
バランス

CIMG0382
輪くぐり

CIMG0383
皿回し

CIMG0386
回しながら肩に

CIMG0388
フラフープ

CIMG0387
つぼ芸

CIMG0389
帽子の芸

CIMG0406
バイク

・バイクが5台
 入るのは
 ここだけだと言う。

・前から3番目の特等席。客席へ紐に掴まってくるくる回ってくるのが
 あり、すごく恐かったです。落ちないでと願いました。
・今日もあっという間に終わりました。
 ホテルへ帰ると10時半。明日は5時半起きだと言う。

上海万博見学ツアー4日間(2日目)

・7月23日(金)
 今日は一日中万博見学だ。多分すごい人だろうとは思っていたが想像を絶する人の数だった。
 5-1gateから入場。とにかく中国館が目立つ目立つ。
 会場はA~Eの5ブロックに分かれているのだが回れたのはアジアゾーンのAブロックのみだった。

  CIMG0199
上海市内の道路網

CIMG0200
大都会上海

CIMG0202
とにかく目立つ中国館

  CIMG0205
インド館・サウジアラビア館

CIMG0206
韓国館

CIMG0207
日本館

・会場の端の方なら空いているのではと、端へ端へ行くがどの館も人気。
 すごい行列だ。良く並べるナーと感心してしまう。
・日本館が一番端だ。更に行くと船乗り場が有った。すいていたので並ぶことにした。
・船の一番上のデッキの後ろに陣取った。川だしここが一番涼しかった。

CIMG0209
船で向う岸の会場へ

 CIMG0217
遠く会場への吊り橋

 CIMG0221
向こう岸の産業館

・ほんの少しうろうろしただけなのにもう2時間経っている。
・向こう岸で昼ごはんにすることにした。店員さんはみな若い女の子だ。
 後で聞くと大学生で一週間交代の当番制で借り出されると言う。
・だけど日本語が通じない。私と話したがらないのか困り顔だ。
 アイスクリームを買うのに一苦労だった。
・うしろの若い男の子が待ちかねたのか通訳してくれた。
 奥さんが「ありがとう」と言うと気に入ったのか、しばらく「ありがとう」の連呼だった。
・肉団子のスープはるさめ。ドライカレー風あんかけパスタ。を食べる。
 スープはるさめがましだった。あんかけパスタはやめた方が良い。
・偽札が流行っているのか必ず検査していた。
 

CIMG0227
中国館は
予約してくれていた

 CIMG0234
上に来てから
エレベータまで待った

 CIMG0238
想像を絶するバスの数
凄いの一言

CIMG0252
夜の道路は綺麗に
ライトアップされていた

 CIMG0241

・工事中のビル。

・竹で足場を組むと
 聞いていたがよく見ると             黄色い鉄パイプだった
  そりゃそうだなと納得。

・えらいとこへ来てしまった。とにかく暑い。ツアーに同行してたおじいさんは完全にグロッキー。
・帰りは皆疲れていて、オプションの夜のクルージングはキャンセル。
・夕食を食べてすぐにホテルへ。バタンキューでした。

上海万博見学ツアー4日間(1日目)

・7月22日(木)
 いよいよ出発だ。13:00の飛行機だが9:00に家を出発。
 旅には事件がつきものだが、今回はテロの検査だ。
 向こうのお金用にと札バサミを持って行った。ステンレス製の3センチくらいのものだ
 それに5ミリ幅で3センチくらいのやすりとナイフが両サイドに付いていた。
 ケースに収まる薄いアーミーナイフ状のものだ。それが没収された。
 結構な値段のするお気に入りの物だったのにクソっ。ビンラディンが急に憎らしくなった。
 日本の係員もほんと気が小さいと言うかお堅いです。

 
関西空港

 
上海空港

 
リニアモーターカー乗場

 CIMG0177
リニア車両

 CIMG0179
336km表示
410kmくらいまで行った

 CIMG0178
リニアの軌道
まったいら

 CIMG0184
バスでホテルへ
遠く万博会場が見える

 CIMG0191
高層ビルだが
物干し竿は縦に干す

 CIMG0187
早い晩飯。
食堂専門ビル

・リニアモータカーは静かだ。中にいてもスピード感が無い。時速の表示を見てもエレベーターと
 同じでそうなんだと思うばかり。
CIMG0197・時差が一時間。2時間弱で着くのでまだ3時くらいだ。
 なのに晩飯を食べろと言う。
 チンタオビール30元。
・5時くらいにホテルへ到着。少し探索するが近くは何もなし。
 15分くらい地下鉄の駅まで行くと少し賑やかになり露天が出ていた。
・この日はこれで終わり。いつも思うが最近の旅はあっと言う間。
 上海は意外と近い。

アイビスサマーD(GⅢ)

新潟11R_第10回_アイビスサマーダッシュ(GⅢ)_芝直1000m_出走18頭(晴・良)
着順馬番馬 名騎手人気OZZ購入前評判
19ケイティラブ西田813.0・牝馬
・外枠有利
212ジェイケイセラヴィ江田照38.5 
33マルブツイースター柴田善1647.4 払戻
416アポロドルチェ勝浦412.2馬 連48.0倍
513シャウトライン浜中俊1016.1 馬 単104.1倍
1115アンバージャック村田一1538.33連複1538.9倍
187メリッサ福永15.8 3連単8483.4倍

・夏と言えば小倉だが。最近はこのレースで夏競馬の始まりを感じる。
 しかも各地で梅雨明け宣言。今日は本当に真夏の始まりだ。
 セピア色の夏の夕方で最終レースを買う季節か。あぁわびしい。

・さて、超難解レースの結果は新潟直1000専門の馬が走り抜けた。
 yahoo競馬の直前情報を読み⑨ケイティラブは購入したが⑫ジェイケイセラヴィは体重について
 何か書いてあったので切った。
・3着候補の⑯アポロドルチェは、外枠の馬達の中では一番有力と思った。日陰で見えず諦めて
 いたのが長い長い写真判定で気を持たされた。結果は外れ。4着で外れることは多いが今回は
 上げたり下げたりされてガックリです。実におしい。
・③マルブツイースターはサクラバクシンオー産駒だったので候補に上がるも内枠で切る。
 柴田善臣は夏場が調子良いのか。夏は藤田とおもっていたが・・・。
・騎手と言えば村田一誠。新潟1000mは得意。⑮アンバージャックはそれで選択。競馬コンシェル
 ジュの辻三蔵も同じ馬を推称していた。私が購入したので外れてしまって申し訳ない。
・一番人気⑦メリッサは故障?。途中でやめてしまった。

夏祭浪花鑑 (なつまつりなにわのかがみ)

・昨日までの天気が嘘のような夏の青空。
・何か一気にせみが鳴きだしそうな雰囲気だ。
・そんな日にピッタリの夏休み文楽特別公演へ行って来た。
・3部構成で
 1部は親子劇場。文楽の解説や体験コーナーがある。
 2部は名作劇場。今回はこれを選択。
 3部はサマーレイトショー。なにかカップルで行くとよさそうな感じ。
 
matuoumaru natumaturi_uramen・写真は3部の演目「菅原伝授手習鑑」の
 松王丸。
・天神祭りの季節なのでこの演目なのか。

・DVDで話は知っている。寺入りと寺子屋
 の段が良く行われる。
・義理のために子を犠牲にする・・・。
 これを美しく描く。なんとも悲しい。
natumaturinaniwanokagami・今回選んだのは任侠もの。私の好きな痛快活劇っぽい
 かなと思っていたが、ちょっと怪談調。
 だけど夏の演目らしくて良かったです。
 (あらすじは画像をクリックして下さい。)

・この文楽というのは大夫の声に眠たくなってくるとなぜか
 思わぬ展開になるから驚かされてしまう。
・女の人の方が仁義に厚いのか。とにかくお辰の行動にはまったくもってなんてことをするである。

・怪談調と書いたのは長町浦の段。
 団七九郎兵衛が義理の父三河屋義平次を手にかける。泥場というんですか。殺される義平次が
 わらと泥で覆われて赤目で口が大きく裂けなんともすごい形相。
 団七の刺青も太ももに骸骨が・・・。
・この間大夫の語りは無い。結構長い時間だ。ゆったりと三味線がなり遠くカンカラカンカラコン
 ドンドンとだんじりの祭囃子。人形だけで進んでいく。見せてくれました。

・もうひとつ驚いたことがありました。舞妓さんが客席にいたのですがこの方がすごい美人。
 顔が小さい。日本髪を結っているのに本当にちいさいんです。背も低い。ポッコリをはいて
 いるんで高いはずなんだが・・・。ほんと目の保養をさせていただきました。小学生か
 中学生だったのかな。舞台の人形と錯覚しそうでした。
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

amaetta

天気予報
  • ライブドアブログ