たそがれ競馬

 朝から一日夢を見て  夕日に向かってとぼとぼと        

読書

AI

9784798152561・「自分で動かす人工知能」の本以外に
 AIをもっと勉強するためにこの本も読んでみた。
・結局は経験。
 無作為に碁盤を石で埋める。
 その結果が勝ちか負けかを判断する。
 例えば、2手目は19×19-1手分を最後まで
 行うので、さらに19×19分の無作為に石を埋める作業が発生。
 勝ち負けの結果の数は19×19-1手分発生する。
 一手でこれだから、次の一手、その次の一手と続けていくと
 何とも気の遠くなるループ作業。
・結果は単純なんだが、この結果を判断するのが難しい。
 手の重みと大量の結果を集計したものを角度で判断するらしい。
・この手の重みを、人間が調整していたが人間では限界があり
 機械にこの調整をやらせるようにしたと言う。
・探索と評価の繰り返しで経験値を増やしていくみたい。
・こんなことができるようになったんですね。

・私がコンピューターの仕事をしたときは。力仕事だった。
 45cm四方位の鉄板に大量の電線が山のようにつながっていて
 カードの1カラムをプリンタの1カラムにつなげる。途中、計算させる部分は
 計算させる部分に電線をつなぐと言うものだった。DEBUGは電線が切れていないか
 ただしく、カードとプリンタにつながっているかだった。
・その鉄板がプログラムで、カードとプリンタが付いたマシンにガシャンとセットして
 カードソーターでソートされたカードを積むとコントールブレイクされて
 プリンタに出力するというものだった。
・ほんと、機械の進化は2のN乗。
・50年たつとまさに2001年宇宙の旅の世界。
 
・だけど、機械はヒーローにはなれません。

・探索
 厩舎情報。調教状態。新聞予想。過去のレース情報。
 血統。オッズ。レース展開。騎手と馬の関係。
 ここまでの部分を考えるのが楽しい。純粋。 
 AIで出来るようになるんだろうな。
 だけど、一番楽しい部分が取られてしまう。
・評価
 お金。欲。
 ここでなんか変わっていく。
・結果
 運。結局のところこれだな。当たりか外れ。結果は単純だ。

・ヒーローになるには、100万倍以上の確率で発生するレースを
 たまたま選べる運が必要です。

自分で動かす人工知能

51Y3zXeT0iL・仕事がらこの関係には興味を持たないといけないのだが
 紺屋の白袴で全く知識がありません。
・囲碁や将棋で騒がれているが、素人と全く同じ。
・もうリタイアする年だが、興味さえも攻めの姿勢を持たないと
 いけないと思っています。それでこの本を購入。

・今はただでなんでもできます。技術を公開して使ってくださいと言う、
 社会貢献活動なんでしょうか。ほんとすばらしい。
・入門中の入門書。文字認識、顔認証、作曲など公開されている
 サイトでのAI体験書。

・体験するための環境設定。メモリ4GBの古いパソコンで十分らしい。 
 仮想マシンセットアップORACLE社のVirtualBoxと
 LinuxのGUIシステムUbuntuをインストール。とは言うものの一からのセットアップは英語なので
 大変です。それでこの本の中のサイトに行ってセットアップ。さて、体験しましょうか。

・これはあくまで体験するための環境。
 実際にプログラムするには燃えるような超高性能マシンが必要。
 Python言語、使うためのAnacondaパッケージ群、TensorFlow、Cainerなどのフレーム、
 まったく知らないことを勉強しないといけません。
・JRAのデータを使って「京都芝1200mの馬の特徴」とか言って答えてくれるプログラムを
 目指すには、もっと勉強しないといけません。おっと占いの勉強ではありませんよ。


達人

97845696737765140i2-BH1L__SX352_BO1,204,203,200_・いそがしかった仕事も一段落した。
 本番稼働のプレッシャーはきつかった。
・一つのプログラムで何もかもやろうとし
 タマゴが先かニワトリが先かの矛盾に
 ぶち当たった。
・少しタイミングをずらすことを考えて
 プログラムの後半を別にすることで
 解決した。
・アイデアも大事だがそれを現実にする
 作業員も質を求められる。
・私も達人の域かと錯覚してしまう。
 今回のスタッフがなかなかのメンバーだったからなのに。感謝。

・少年野球でノックをしてやった息子はなぜか球技ではなく空手や合気道へ。もちろん有段者だ。
・それで月に2回、息子と道場に行く。私は健康維持のため受け身の練習専門だが。
 畳の上をコロコロと回転するのは結構きついのだ。
・ユーチューブで植芝盛平や塩田剛三を見るんだが、この肩を触った方の人間が
 吹っ飛ばされる。「体合気」と言うらしい。
・これは俄かには信じがたい、人間技かと疑ってしまう。
 まさに気合いで吹き飛ばしているような感じだ。漫画の世界と思われても仕方ない。
・確かに二教や四教を掛けられると言うことを聞かなくては仕方がない。
 そこからの四方投げまでは信じられるが、この「体合気」はパフォーマンスと言われても
 仕方ないかもしれない。
・この本、真面目にこの達人の紹介をしている。侍ってすごい。達人揃いだったんだ。


 

神々の山嶺

ダウンロードダウンロード (1)・映画化されるとのことで読んでみた。
 新田次郎の「孤高の人」と言い
 この生きることへの執着心は
 なんだろうか。
・空気が薄い世界は清らかな気が
 するんだがそんな感じは微塵もなし。
 厳しさは大変よく分かりました。
・ひょうひょうとした岡田准一が深町を
 演じるらしい。
 地震で撮影はどうなるんだろうか。

・私自身は立山しか登ったことがない。 夏山をハイキングした感じしかない。
 山に対する考えが甘い方だ。
・10chのイモトなんかもキリマンジャロが成功したから次はヒマラヤとか言っていたが
 なだれで中止になってよかったんじゃないかな。
・とにかくこの小説、山の清らかないイメージが壊れてしまったな。

・だけど今、私は仕事が忙しくておかしくなっている。
 このあきらめず挑戦する気持ちを持てばなんとかはなるかな。


三浦しをん

ayaturarebukka












・立て続けに読んだ。仏果を得ずはあっと言う間に読んでしまった。
 おもしろかった。なんかこの作者スイート好きなんだ。
・あやつられ文楽鑑賞は、共感を得る場面が多かった。
 住大夫さんで寝てしまうとか、枝雀の落語の話など。
 まったく同じ感じでびっくりした。
・どちらもすぐに読めたんで面白い本だろう。

風姿花伝

51Kg2uKZDqL__SL500_AA300_・NHKの100分で名著。いい番組だ。
 ニーチェ方丈記についで3冊目になる。
・私が興味を持つ本はどうも哲学関係のようだ。

・能に興味があるわけではないが
 初心忘れるべからずとか
 離見の見とか有名なことばがこの人の
 ことばだったのは知らなかった。
・人生を7つの時期に分けてその時々の生き方をのべていたり
・初心にも3つの初心がありいくつになっても初心があるとのこと。
・この風姿花伝うーんとうなる言葉満載の秘伝の書である。
51pBqmJOM3L__SS500_・最近、会社では障害をなくすことに
 やっきである。
・それでこの本を読んでみることにした。
 ちょっと目的が違うが、
 調子が良いときや有頂天になっている時ほど
 注意が必要というのを説いている。
・まったくその通りである。
 手馴れた仕事と思いいつも通りにして
 何事もなく終わったと思っていても
 落とし穴は潜んでいるもので、同じようなものはあっても
 まったく同じものなどありえないと言うのこの世の中。
・まさに初心忘れるべからずである。
 私は特にお調子もんだけにこの離見の見だけは忘れないようにしたい。
・世阿弥は更に何事にも花を咲かすようにせよと言う。
 これも大事なことだ。


 

コンストラクタル法則

nagaretokatachi・久しぶりに生物関係のエッセーと言うか
 そんな本を見つけた。
・スティーブン・J・グールドさんが亡くなって
 この手の本が出版されなくなっていたから
 すぐに買い求めた。
・しかし中身はコンストラクタル法則なる
 自身の考えの宣伝だった。
 コンストラクタル法則、コンストラクタル法則と
 念仏のようにこの名前が出て来て後半は
 辟易してきた。
・言いたいことは何と無く分る。
 木の形は地中の水を大気に戻すために
 最善の形となっている。
・人の肺は酸素を運ぶために最善の形となっている。
・河川の流れは水を効率よく流すために扇形になっている。
・すべて同じ形になっている。
・そりゃそうだ、万物、効率よく動くように出来ているんだろう。
・確かにそうなんだがそれで・・・と言うところが抜けて居る。
 最後まで読んでも私には分らなかった。残念です。

・コンストラクトと言えば私の仕事上でも出てくる重要な言葉だ
 コピーして使う場合に、初期化を忘れないようにするものだ。
・この本、コンストラクタルと何べんも歌っているが
 肝心のこのコンストラクタト(最初の値の組み立て方)に
 問題があるような気がしてならない。

 

記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

amaetta

天気予報
  • ライブドアブログ